東京池袋 個人・法人のメンタルヘルスは株式会社 B・Mアップ東京池袋 個人・法人のメンタルヘルスは株式会社 B・Mアップ

TEL&FAX:050-3473-3761 info@sbm-counseling.com

個人カウンセリング

➤➤➤個人カウンセリングについて

頑張れない自分、周囲を気にする自分、ネガティブに考えてしまう自分からの変化を!

こんな方にお勧めです!!

休職しないで仕事を継続させたい方、休職をお考えの方、休職中の方、休職復職を繰り返してしまう方。

休職をしないでなんとか仕事を継続したいが、どうしたらよいか?
休職を考えているが休職中はどう過ごせばよいのか?
休職中だが、これでうまく回復できているのか?
復職を前にしているが不安、このままで復職できるのか?
復職したが、調子が悪い。また休職しなくてはいけないのか?

以下の生活状態に該当している限り、どうしても回復が難しいのでは?
朝が辛く、職場に着くと緊張してしまう。昼食を食べると身体がだるくなる。夕方に近づくにつれ気分も上がり頑張れるようになる。その後も交感神経が高くなるため寝る時間になると、悩みが消えない、落ち着かない、神経過敏になる状態、夜眠れない。眠れても眠りが浅く、首肩背中腰などがコリ、下半身は冷える、胃腸の調子が悪くなる、便秘もしくは下痢、胸に圧迫感や息苦しくなる、心臓がドキドキして呼吸が早くなる。朝は身体機能が低下の状態で身体がだるく動けない。心も体も辛い。嫌な気持ちが強くなる。
まずは上記の様な生活パターンがなぜ起きるのか?
このパターンの根底を作っている生活習慣の改善こそが以前のように元気に頑張れる鍵です!

カウンセリングでこの生活習慣の改善を図り、朝がすっきり目が覚めて午前中からやる気が起き、周囲を気にしないで頑張れる。そして夜は疲れてよく眠れる生活に戻していきます。
さらにご希望であればその生活習慣改善に早くより精度を高める方法です。夜は悩まずに早めにちゃんとゆっくり眠れる心理療法があります。習得するまで3〜5回ほどが必要となりますが、習得すればさらに生活バランスを高めていく上でとても効果的です。

➤➤➤セッションの内容と料金のご案内

カウンセリングのみ

◆面談では、心の問題と生活習慣や睡眠状態などをお聴きします。また、過去における体調・精神状態・睡眠・疲労の蓄積などもお聴きしながら、豊富なセッション経験をもとに、考え方や気持ち、生活習慣をどのように変化させていけば良いのか等、話し合っていきます。
ご本を購入して、ご持参頂いた方は初回のみ1千円引きの5,000円です。
 60分
 8,000円

カウンセリングとSBM自律訓練法

◆夜は悩まずにゆっくり眠れて朝から元気になっていける心理療法を行います。身体の硬直感が取れ、自律神経のバランスを大幅にスピードUPして回復していきます早期に精神的に安定と充分な睡眠が取れることが可能となります。詳しい内容はカウンセリングでお聞きいただくか、著書「身体にこの兆候が出始めると数年後うつになる!」(ごま書房新社)をお読み頂ければ幸いです。
 カウンセリングと
 SBM自律訓練法
 120〜150分で
 15,000円

◆また、お得なセットもご用意しています。カウンセリング+SBM自律訓練法の3回のセット※心理パターンと生活習慣を変えるには、最低3回は必要と考えております。
 カウンセリングと
 SBM自律訓練法
 3回セットで
 40,000円

➤➤➤セッション時間

不定休ですので、ご希望日をご相談下さい。
お電話の場合、セッション中や不在時に出られない場合がございますので、なるべくお問い合わせフォーム
もしくは、こちら E-Mail:info@bmup.tokyoにお問い合わせ下さい。

★当方は国家資格を持っており、精神保健福祉法第40条において個人情報は守られることが法的に義務づけられております。 安心してご相談ください。但し、法令に基づく場合、人命保護のために必要な場合は、この限りではありません。また、本人の許可のもと、医師や周囲との連携においては、必要な範囲の情報を共有することになります。

➤➤➤カウンセリングルーム

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-10 ドミール池袋309
TEL&FAX:050-3473-3761

写真はビルのエントランスとルーム内です。1階のコンビニ入り口と並んでビルの入り口があります。そのビルの3階の一番奥の角部屋、309号室です。

エントランス玄関面談室カウンセリングルーム

当方は国家資格を持っており、精神保健福祉法第40条において個人情報は守られることが法的に義務づけられております。 安心してご相談ください。但し、法令に基づく場合、人命保護のために必要な場合は、この限りではありません。また、本人の許可のもと、医師や周囲との連携においては、必要な範囲の情報を共有することになります。